古代エジプトは"Ra"の賜物!?

ナイル文明2000年の歴史を競り落とせ!!切れ味鋭い競りゲーム。
シンプルなルールの中に凝縮された、Kniziaジレンマの集大成!!

story*一部脚色あり

紀元前2500年ごろから、およそ2000年間にわたって栄華を極めたナイル文明。数多くの王家が生まれ、そして消え行きました…。後世に語り継がれる王家とは、名だたるファラオを生み出し、文明を築き、荘厳なモニュメントを建設した者。「ラー」の力にあやかるべく、権力者の間では、太陽神の元、今日も荘厳華麗なオークションが開催されます…

chart
デザイナー : Renier Knizia
出版社 : ALEA
オークションゲーム
「競り」を題材としたゲームは数あれど、中でもこの『ラー』は1つの完成形に達したのではないかと評される名作です。オークション開始時に手元にあるのは、たった3枚のビッドチップだけ。そして太陽神「Ra」の駒をボード中央に配置すれば準備はOK!楽しくも悩ましいジレンマの世界があなたを待ち受けています。
このゲームの特徴の1つが、極端に選択肢を狭めた「競り」のシステムにあります。ビッド(値付け)は1回のみですし、その金額もプレイヤーごとに予め決められています。選択肢が少ない分だけ切れ味が増し、驚くほどスピーディーに勝負が決まります。非常にリズミカルで、流れるようにエンディングへと進みます。
巨大な太陽神「Ra」の駒、その正体は単に手番順を判りやすくするためだけの「目印」なのです。競りを開始したい時に駒を掴めば良いだけですが、いつ誰が始めたのか、「ラァァァァ」と美声を響かせるのが最近の流行(?)になっているようです。ゲームを始める際には、発声練習をお忘れにならないよう…