ベロを伸ばして王女にチュッ♥

悪い魔法をキスで戻して、王女がカエルに大変身!?
距離感覚が肝のベロ出しゲーム!!SDL2003子供ゲーム部門ノミネート!

むかしむかし、悪い魔女が一匹の美しいカエルに魔法をかけ、人間の王女に変えてしまいました。それ以来カエル達の中では、人間の王女であればキスで魔法が解け、この世で最も美しいカエルの姿に戻ると信じられています。今年も池の周りで「誰が王女へキスをするか?」を決める戦いが始まります。いちばん太ったハエを食べたカエルがゲームの勝者!果たして「キス権」は誰の手に!?

chart
デザイナー : U.Rapp & B.Lach
出版社 : ZOCH
触覚依存系レースゲーム
ドイツゲームは、駒などに木材を使用した豪華な物が多いことで知られています。今回紹介する『カエルがチュッ!』の駒は、何と驚いたことに、手彫りのカエルが4匹用意されています。1つ1つの大きさが微妙に異なり、人の手で形作られたものでしか味わうことの出来ない温もりを感じます。
このゲームは、「距離感」を上手く利用した新感覚のゲームです。ルールはとても簡単で、池に飛んでいるハエを捕まえるために、ハエまでの距離とピッタリの長さのベロ(木の棒)を用意するだけ。しかし、木製ベロは袋の中に入っており、中を覗くことはNG。望みの長さの棒は、手探りだけで見つけださなくてはいけないので大変です。
目測と手の感触。この2つの感覚には驚くほどのギャップがあります。一度プレイすれば、自分の身体感覚がちっともアテにならないことに気づかされるでしょう。戦略や読みといった要素は少なく、必要なのは「距離感」のみ。大人と子供が完全に対等な立場で楽しむことのできる、数少ないゲームだと言えるでしょう。